うちの猫の話

衰弱した子猫を保護した時にできた事。

ヴォルグ

皆さんのご近所には野良の猫や犬はいますか?

野良猫たちの保護に迷い、家に連れて帰って飼おうか悩んだ経験がある方もいらっしゃるのではと思います。

でも一時の感情だけで連れて帰るのはどうなんでしょうか。全ての猫たちに当てはまる訳ではありませんが、連れ帰ったはいいものの人間の都合でまた野良猫に戻されるといったケースがあるのも事実です。

そして、一見普通に見えるコであってもどんな運命を抱えて生まれてきたかは真剣に寄り添ってみないと分からない事もありますしね。

この記事では、元々野良猫だった我が家の愛猫「ヴォルグ」との出会いのお話になります。たくさん思い出はありますが、まずは野良だった頃に記憶をさかのぼって稚拙ではありますが文章にしてみようと思います。

 

野良だった頃から現在まで

衰弱した「黒い子猫」との出会い。

とある休日の事です。彼女が朝7時頃にゴミ出しをする為にゴミ捨て場へ向かいました。

するとゴミ捨て場からは少し離れた家の壁際に、1匹の黒い子猫が丸まってじっとしていたそうです。

その付近は元々野良猫の多い地域だったので、親猫とはぐれたのかな?くらいにしか思わなかったとのこと。

彼女
彼女
(子猫だし、いずれ母ネコが見つけに来る…よね…?)

猫社会に関する知識は無いに等しかったものの、少し気になり様子も伺ってはみたのですが、気にしすぎかなとその時は自宅に帰り、いつもの休日を過ごしていました。

 

動かない「子猫」に違和感。まさかの昏睡状態!?

1時間ほど経った朝8時頃、彼女はすぐ近くのコンビニに朝ご飯を買いに行こうと家を出ました。さすがにもういないだろうと思い込んでいたので、子猫の事は意識していなかったのですが…

すると、まだその子猫がいたのです。何も変わらない様子で…

彼女は猫が元々好きでしたが、猫に関して専門的な知識がある訳ではありません

寝ている様に見えたけど、まさか…と確認するべく近寄ってみたのですが逃げるどころか見向きもしません。

彼女
彼女
(明らかにおかしい!意識は?思っているより事態は深刻!?)

そう思った彼女は揺らさない様に軽く撫でてみました。ですが何の反応も示しません。

季節はもう寒くなり始めていたので、体温もかなり低下していました。目を閉じたまま一向に動く気配もありません。呼吸だけは確認できたので、まだ最悪の事態ではありません。

ですがジッとしていられません。優しく、負担を極力与えない様に抱っこしてとりあえず家に連れ帰りました。

 

上写真の様な感じで、かなり衰弱した状態。(↑上画像は元気になってからの寝てる写真です

正しい知識がないので正解は分かりませんでしたが、とりあえずシャワーの温水を洗面器にいれ、ぬるま湯にしてから少しずつ体にかけてあげました。

普通なら水を嫌がる猫も沢山いるので何かしらリアクションがあるかと思うのですが、これも無反応。身体の汚れだけがぬるま湯と共に流れて行くだけでした。

エアコンの効いた部屋に移動し、優しくタオルで拭いて近すぎない距離でドライヤーの温風を使い乾かした後、大きめのカバンに子猫を入れて最寄りの動物病院に向かいました。

 

動物病院での診察。ぐったりなままの「子猫」

すぐに獣医師の先生に診察をして頂いた結果、

何らかの形で右頭部を強く打っている可能性が高い

との診断でした。

実際に右目から右耳にかけて、腫れているのは確認できました。

(↑元気になってからの写真ですが、まだ腫れている状態。保護直後はもっと腫れていた

どこかしら高所から落ちたか、走っていてどこかの壁などでぶつけたか、飛んできた何かに当たったか、原因は分かっていません。

猫社会において、身体的に障害を抱えた子猫からは親猫も去ってしまうというケースも珍しくないらしく、たった1匹で衰弱してうずくまっていたのはそういった経緯があったようでした。

そして先生いわく、

「身体の触診や検査の結果、ダメージは脳にも達していて左足に麻痺がある。」

との事でした。実際に先生が「子猫」の右側の足先を少し強めにつまむと痛がるのに対し、左足に同じ事をしても全く反応はありません。

頭部へのダメージの影響で脳が炎症し腫れている影響がどれほどのものか、どのくらい炎症が治まるかで今後の後遺症の大きさは変わると言われました。

 

「子猫」にとっての寿命となるか、今日を乗り切れるか。

「生後3か月程の「子猫」には、少し強めにはなるけどね。」

そういって先生は、生後半年~1年くらいの猫にしか打たないという注射を打って下さり、今後の様子を見ることになりました。

そして先生に言われた言葉が、

「もう少しここに来るのが遅かったら完全に手遅れだったね。まだ安心はできないけど、今日を乗り切れば助かる可能性がある。ここでやれる事は全部やったから、後はこの子の生命力次第だよ。」

この言葉を聞いた瞬間に、彼女はこの「子猫」を飼う決心をしたそうです。(動物病院に連れていった時点でもう考えはあったようです。)

彼女
彼女
(どうなっても「この子」を最後まで守る。)

そう誓って涙をこらえて家に帰りました。

 

動物病院の診察を終え、「子猫」と自宅にて。

(↑病院から帰宅してから30分以上経過の状態

そして「子猫」を連れ、いったん彼女は帰宅しそのまま待機。

病院にて投与して頂いた抗生剤が効き始めたのか、少し動きが見られるように

細くではあっても開けなかった目も開いて、少しずつ体が動くように。

とはいえ動き回る程でもないので、油断はできません。

彼女
彼女
(猫を飼いたい気持ちはあったけど、こういう形もあるんだ…)

そんな事を思いながら見守っていたそうです。

後は今日1日、少しでも元気になってくれる事を願うばかり。

何かできることはないか…すがる思いで考え付いたのが、そうです。

名前です!!

 

「子猫」命名の時!

そしてようやく僕の出番ですw

そんな大変な事態だとは思いもよらない僕は休日の朝をまったり過ごしていましたw

その日は日曜日。朝8時頃、彼女から連絡が来るのでそれも意識しつつ、いつも通りPCを叩きながら過ごしていた時のこと。

管理人
管理人
(今日はいつもの時間に連絡ないな。用事でもできたかな。)

 

とふと思った途端に着信が。

 


管理人
管理人
もしもし。
彼女
彼女
あ、おはよう!色々あって、子猫を飼う事にした!
管理人
管理人
え?まじで?どしたん?急に?!
彼女
彼女
かくかくしかじかで!元気になって生きる為に強そうな名前をつけて下さい!!
管理人
管理人
え~~~!!いきなり!?ん~・・・じゃぁ、ヴォルグ!!めっちゃ強いよ!!

 

という流れで、名前が「ヴォルグ」になりましたw大マジメです!

ちなみに僕が大好きな大人気漫画、「はじめの一歩」の登場キャラです!

実際のヴォルグさんはオオカミに例えられるボクサーなので、猫ではないのですがw

でも、強そう(実際強い)な名前、生き抜く身体、応援したくなる、という全てを兼ね備えた名前だと思ったのでありますw

という事で満場一致(2人)で名前が決まったので、気になるお姿。

 

管理人
管理人
じゃぁ写真送ってよ!
彼女
彼女
すぐ送る~。

 

で、届いた写真がこちら!↓

 

管理人
管理人

なんとまぁすごい腫れちゃってる!!!

腫れてるせいもあるのか、ぶちゃいくな顔してるなぁ~w

 

というのが第一印象ですwww

子猫か…見たい!見に行くしかない!

 

経緯を知りたい事もあり、すぐに準備して家に向かいました。

 

 

「ヴォルグ」の復活!!

約1時間程かけて彼女の家に着き、遂に初対面。

写メで見たブサ可愛い子猫と初対面!

ブサかわ…と、思ったら写メで見るより全然可愛い!w

どうやらカメラ映りの問題だったみたいです。

まだ少し右目の上に腫れは見えましたが、抗生剤がかなり効いて脳の炎症も抑えられたのか両目を開きしっかり見えてます!足もゆっくりではありますが、しっかり歩いていました!脳の炎症が抑えられた事により足の麻痺もなくなっていったのです!

ただ、足の麻痺は完全に影響がなくなった訳ではなく、左右で感覚に差があるようです。(後日の診察にて先生より)

でも、かなり衰弱していて一時は昏睡状態にまで陥ったのに…よく頑張ったと思いましたね。何も語らない、言葉は通じない、それでも生命力の強さというものを教えてもらいました。

てゆーかまぁ、ボカァほとんど何もしてないんですけどw

手遅れになる前に動物病院に連れて行った彼女と、獣医師さんの迅速で的確な処置のおかげです!!感謝しかありませんね。

ちなみにヴォルグはというと、この時から人への警戒心は強くなかったので、僕にもすぐに慣れてくれました^^ 癒されます…

その後ですが、翌日以降はみるみるうちに回復していきました!てゆーか翌日には走り回れるくらいに元気になったくらいですwww本当に良かったです。

おもちゃで遊んでるヴォルグ^^

で、その彼女の家というのがペット禁止だったので、それから2~3か月後には僕の家で同棲する事になりました^^もちろん「ヴォルグ」も一緒です!

それからも色んな事がありました。これからもたくさんの出来事があるでしょう。

それも記事にしていきたいですね!!

 

 

まとめ。「猫(動物)を飼う事」へ自分なりの責任。

いかがだったでしょうか?文章だとイメージしにくい事もあるとは思います。

この文章を書いていて懐かしいなと思うのと同時に、再確認させられた事がありました。当たり前すぎて見えなくなっていたかもしれませんが、一時的にであったとしても保護するという事は、その瞬間から責任が生まれると思ったんです。

 

責任と言っても、色んな形がありますよね。

  • トイレの処置をするにもただ掃除してあげるだけではなく、トイレの仕方が不自然ではないか、
  • 便の色や匂いに違和感がないか。
  • 身体のどこかに異常はないか、体毛に隠れた爪の根本に異常は?
  • ノミがどこかにいないか?歯は正常か?口臭は?

 

言い出すと本当にきりがありません。人間に起こりえるほとんどの病気は猫もなると聞くくらいにいつ病気をしてもおかしくないのです。

でもそれくらいの事は、飼う人間が自分なりに常に意識しておかないといけないと思います。動物は隠すのが上手ですから。

逆に言うと隠せない程になってからでは遅いですからね。

僕も全て自分に言い聞かせながら記事をかいています。

野良猫を保護するもしないも、色々な状況や困難があると思います。保護しないからといってそれが間違いだとは思いませんが、関わるという事は責任が生まれるという事です。

 

そして、当たり前の日常の中ですが、うちの猫には、

この家の人間に拾われてよかった。

と思ってもらえる様な接し方を心掛けたいと思っています^^

 

保護して半月ほどのヴォルグ。腫れも引き、元気になりました!

 

「ヴォルグ」の現在のプロフィール

こちらが現在の姿^^

性別・種 オス・雑種
年齢 7歳
体重 5キロ
性格 穏やか ・ マイペース
毛質 ふんわりで柔らかい
肉球の色

点滴をしてもらった直後の写真なので、腕の毛が刈られてますw

↓現在の7歳のヴォルグ。毛づくろい中^^

ここまでお読み頂き、ありがとうございました。