PSトロフィー

知らなくても興味なしでもやってみると意外にハマるゲーム5選!(PS3,PS4,PSVITA)

やってみると意外に楽しいゲーム5選!!

管理人
管理人
ど~も~!管理人のかぁです

今回の記事は、実際に僕が全く興味がなかったゲームのお話になりますwラストをかざった「ロマンシング サガ2」は別ですが^^; でもどんなゲームか知らないって方にもおすすめできるゲームです!

きっかけはどうであれ、プレイしたゲームには色々な思い出がありますね。プレイしていた時と、いざこうして記事にしてみるとまた違った視点でその作品を見れたりするものです。

もちろんトロフィーを意識するかしないかで捉え方は変わりますが、楽しめるゲームだと思いますので手に取ってプレイしてみてはいかがでしょうか。

それではいってみましょう!

 

「GOD EATER 2」 キュウビ討伐は万全の準備で!!

GOD EATER 22013.11.14発売。別記事/easy-game-2にも書きましたが、このゲームも思わぬ形で実弟にトロフィーデータをインストールされ、途中放置されていたので仕方なく始めて見たという過去を持ちます。弟は高校生だったのですが、周りの友達はみんなプレイしていたみたいです。僕は当時リストにあるゲームのトロフィーは全て100%にしておかないと気が済まなかったもので。今もほとんどが100%ではありますが、正直悶々としているのでいずれオール100%に戻しますww

さて「GOD EATER 2」に関してですが、普通に面白いですwまずキャラクターが全員美形というところでガッチリ心をつかまれましたねwそこ突かれると僕は弱いです。女性キャラが全員可愛いとか反則ですよね。ストーリーも何かのアニメでありそうな系だなと思いましたが嫌いな雰囲気でもなかったので、乗り気せず始めた癖にどんどんストーリーを進めていってました。「アラガミ」と言われる人類の天敵と戦う為、「神機」を開発したという設定で、人類の天敵というだけあって神々しい雰囲気を持つ者からいわゆるモンスターといった風貌をもつ敵まで様々です。中でも終盤に現れる「キュウビ」はエグかったですねw

というのも、このゲームは育成をそれなりにでもしておけば攻撃を連打しているだけでも割とサクサク進行できたからです。なのに「キュウビ」だけ異常に戦闘能力が高いwwwそれなりに準備しておかないと討伐は難しいと思いました。まぁ、深くシステムを理解せずにストーリー重視で、とりあえずゴリ押し攻撃しかしてこなかった僕でも色々試行錯誤して討伐はできましたし、題ないかな。討伐すると取得できるトロフィー取得率も33.9%と割と高いので。もちろんトロフィー最難関は「禍ヨリ来タリシ者」である「キュウビ」を討伐することです。

ストーリーと戦闘をまぁ程よく楽しみたい方、割と手早くそこそこの歯ごたえとトロフィーが欲しい方にはちょうどいい作品ではないでしょうか。

プラチナ取得時間は40~50時間ほどです。

 

「第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇」 システム濃い!

第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇2014.4.10発売。PS3版、VITA版でクロスセーブが可能。プレイのきっかけは上記「GOD EATER 2」と同様。ロボットもののアニメはそんなに嫌いではないですし、ガンプラとか好きな時期もあったので抵抗は全くないのですがゲームとなるとそんなに興味が持てなかったので、こういった機会でもないと手を付ける事はなかったかもしれません。正直ストーリーはあまり覚えていませんwただ戦闘は楽しかったので、ステージをクリアしていく事に楽しみを見出していました。

主人公の誕生日をいつに設定するかによってステータスが変化しますが、僕はあまりそういったところは気にせず自分の誕生日で。プレイしてみてやはり1番「おぉ!」と思うのは、アニメーションがカッコいいところですね!そのせいもあってか好きな機体ばかり改造してしまって、ステージ毎にツむとかザラでしたねw火力重視で改造してしまって火力の弱い期待はいつまでも育たないので、しばらく偏った編成ばかりしてしまい、シナリオ上でメインで使用していた機体が離脱した時なんかはもう最悪ですww

この作品、ロボットが多数登場するという事もありシステムが中々に細かいです。ダメージ効率なども地形によってかなり変化します。機体とパイロットの適応能力はサッとでも目を通しておくと慣れてきたら行動の仕方も変わってくると思います。よほど敵と戦力に差がない限り、闇雲に敵陣に突っ込んでも勝てない様に作られていますので。戦闘に関しては、センター攻撃やら、マキシマムブレイクやらいろいろありますが、プレイしているうちに慣れて感触も掴めてくるので、ロボットは好きだけどシステムに敬遠してスパロボをプレイしたことがない人でも楽しいのではないかと思います。

「ウイングガンダムゼロ」に関しては別で最優先で改造してもいいかと思いますwこの機体を使わない人は嫌いでもない限りいないと思いますが、好きな機体として使う人はだいたい断トツの強さを示す撃破数になってるかと思いますw気持ちいいくらい使いやすいw他にも強い機体はいますが、おすすめは「ジェニオン」ですね。ずっと離脱もなく使える機体なうえ、能力的にも何でもできますしね。この2機で弱らせて他の機体で倒していくというのがもうパターン化していきましたwww

まぁ他の機体でも少しひいき目に見たりする事もあるのですが、基本的にはまんべんなく鍛えておきたいですね。でないと改造あんまりしてない機体の出番がいざ!勝負!って場面が意外とくるのでw弱すぎてつむと進めなくなっちゃうのでね。

トロフィーに関しては、まぁまぁのボリュームになりましたね。取得には「1ステージに~する」「1ターンで~する」などの条件が多いのですが、敵の撃墜数が絡むトロフィー取得条件もそんざいするので、色んな機体で撃墜していく事は早めのうちに意識しておきたいですね。周回した方が楽に取れるものもあるので、無理はしない方が結局楽かもしれません。

初めてプレイする人は思い入れのあるロボットが参戦しているなら、そこから楽しみが広がる事もあると思います!システムも細かいのが好きという方は楽しいかと。

トロファーの方はスパロボに興味を持てないなら、そこそこ苦行になる事を覚悟した方がいいかもしれませんwプラチナ取得まで60時間といった感じです。

 

 

「初音ミク –Project DIVAf」 初めてでも楽しい!

初音ミク -Project DIVA- f2012.08.30発売。これも上記と同じ経緯にてプレイw普段自ら選んでプレイしないであろうゲームです。でも、音ゲーに関しては興味があったのでいい機会になりました。「初音ミク」の事は名前は知ってるけど、他のキャラ(ルカ,レン、リン…etc…)の事は全くしりませんでした。金髪のちっこいのどっかで見た事あるなぁくらいですw

音ゲーという事で、リズムゲームを純粋に楽しみました。難易度NORMALなら何度かプレイすればパーフェクトクリアできる曲もいくつかあり、難易度HARDだとパーフェクトクリアするのに何度か挑戦する、さらに上の難易度EXTREMEにいたってはにわかレベルの僕ではちょっとかじった程度ではクリアも難しいなという感じですね。画面内のターゲットとアイコンが重なるタイミングで対応ボタンを押すという理屈は簡単なんですが、難易度が1つ上がるだけでターゲットの数が増える為、アイコンも同様に増えるのと相まってついていけなくなった時はもうゴチャゴチャに見えて収集つかなくなりますw難易度EASY→NORMALならすぐに慣れましたが、それより上の難易度は急にやる事が増える印象ですw

音楽に合わせなくても多少は強引に進めてクリアする事も可能です。クリアといってもある程度のスコアがあればクリア扱いになるので、完璧にこなす必要はありません。そこはもう自分のラインで楽しめると思います。上達してくると、音楽に合わせて指や手の動き方もノッてくると思いますwミクやリンたちがターゲットとアイコンの向こうで踊ってますが、僕は視聴する余裕はありませんでした。そこは興味なかったので、いいですけどw

楽曲に関しては、何も知らない僕でも「名曲だな!」と思えるくらいの曲が用意されています。「ブラックロックシューター」や、「メランコリック」など割と誰でも聴いた事のある曲もあるので、そういった曲を耳にした時に面白く感じたりしました!単純に何か音ゲーがしたいなぁと感じた時はおすすめの一品です。

さてトロフィーに関してですが、コンプまでそこまで時間はかかりませんが割と作業が用意されていますw「ボカロが好きで音ゲーもすき」という方には何の苦もないかもしれません。何がきつかったかというと、「親密度MAX」系、「モジュールコレクター」、「~アイテム100%収集」、「エスパー」ですね。

「エスパー」ですが、「あっち向いてほいでストレート勝ち」と聞くと楽かと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、これが中々達成できなかったですw運なのかな?もしかしたら簡単に達成できた人もいるかもしれませんが、楽曲プレイしている合間、思い立った時にちょいちょい挑戦しておきましょう。残しておくと延々とこれをやる羽目になると思うので。僕はそうでしたw

あとはDP集めが少し時間がかかる程度ですが、人によっては中々溜まらなくて疲れるかもしれません。なるだけ難易度を上げて高評価でクリアする、という簡単な様で難しい微妙なところなので。まぁEASY,NORMALでもいずれは目標DPには届くのでちょっとした根気ですね!

単に音ゲーであるならば素晴らしい作品だと思います。トロファーの方は、音ゲーが極端に苦手な方には少しハードルがあがりますが、取り組みしだいでどうにかなるかなと思う感じです。

プラチナ取得まで30時間といったところでしょうか。

 

 

「フリーダムウォーズ」  ハー〇ットパープル!!

フリーダムウォーズ2014.06.26発売。「懲役100万年」というキャッチフレーズが印象的。某漫画で描かれる「ハー〇ットパープル」を連想させる「茨アクション」も斬新なマルチプレイアクションゲーム。色々と賛否両論がネット上ではありますが、個人的には良作です。

近未来とは思えないほど荒れ果てた世界。誰もが生まれてすぐに懲役100万年を科せられる「咎人」は「ボランティア」によって生体兵器「アブダクター」と戦い刑期を減らし、自由を求めて戦う。設定も視覚的な世界観も僕好みでした。

オンラインにも対応していて、47都道府県ごとにゲーム内の都市が設定されています。オンラインでプレイはしなかったので、どういった楽しみがあったかはわかりませんがボランティアクリアが楽になるという風に聞きました。まぁ自分よりもLvの高いプレイヤーとならかなり効率はよくなると思います。

戦闘システムの1つである「茨アクション」、プレイした当時はまだ比較することはできませんでしたが今でいう某有名アニメでいうところの立体機動装置みたいなものですねw高所や地面などに打ち込んで高速移動したり、生体兵器「アブダクター」に直接打ち込んで取り付いてその部分を破壊したり行動不能にもちこんだりできます。「茨」にも種類があり、成長と共に能力や使い勝手も変化していきます。この「茨アクション」が中々のアクションで簡単な様で奥が深いという。色々な行動の起点にできるので使いこなすとかなりスタイリッシュなアクションが可能になります。ただ、実際に敵にダメージを与えるのは「茨」ではなく手持ちの剣や銃などになるので、その連携もこのゲームの醍醐味の1つです。

トロフィーを意識する人もそうでない人共に言える事だと思うのですが、ゲームに慣れない人うちは「アブダクター」が強く感じると思います。操作の上達もそうですが武器の改造も必須になってきます。改造しては強い敵、改造してはさらに強い敵、強い敵からレアな素材、でまた改造…とそれがまた楽しいイタチごっこだとは思いますがw

トロフィーをコンプするのであればある程度強い武器を作るのは必須です。というかLv10まで強化する事になるので、適当に改造するよりもそれなりに理解したうえで改造した方がいいでしょうね。コンプした後で知ったのですが、威力アップ(特大)のモジュラーを付ける為にPS PLUSでのリセマラも有効らしいです。僕は時間をかけて楽しんだので必要ありませんでしたが。(当時はまだ加入してなかったこともある)何にせよ、プラチナトロフィー取得にはそれなりにやりこむ必要があります。楽しいと思える人はかなり遊びごたえのある作品なのではないでしょうか。個人的には中々の良作です!

プラチナ取得時間は120時間ほどです。

 

 

「ロマンシング サガ2」 90年代リメイクはこれ!!

ロマンシング サガ2

初リリース1993.12.10 スーパーファミコンにて。

リメイク版2016.03.24 PSVITAにて。

「90年代の名作ゲームは?」と言われれば僕はロマサガ2と言えるくらいハマりました!その当時は僕は中学生で、皇帝の継承システムに凄く心を打たれたのを覚えています。技や術の継承だけでなく選ばれた皇帝によっては戦闘に役立つ「陣形」を習得したり、固有の「イベント」も用意されています。皇帝の行動によってシナリオは決まっていくので、世界の状況にも変化が見られるといった多彩なシナリオが魅力です。皇帝の行動次第で数百年単位で大幅に時代が流れる事もあり、その際物語の内容にも変化が現れるので1度のプレイでは全てを楽しむ事はできません。何といっても技を閃いた時の瞬間が何ともいえませんねw

リメイク版という事で、グラフィック向上はもちろんですが戦闘シーンでのアニメーションが嬉しかったですね!七英雄が動いてるのがもうたまりませんでしたw

スーファミ時代にやりこんだ事もあって色々覚えていることも多く、細かいイベントの流れもすんなり進めて行きましたが、初見でやりこむ方はもしかしたらそこそこ手こづる場面もあるかもしれません。敵との戦闘を退却しすぎると敵のLvだけが上がって倒せないとなりかねないですし、装備や技の関係でイベントによっては進行するのが厳しかったりと地味にシステムがハードルを上げにかかったりする事もあるかと思います。そうでもない人もいるでしょうけど、セーブは皇帝継承のタイミングで残すなどやり直しもこみでプレイすれば楽しめるかと思います。

ゲームの難易度が高いという訳ではないので、ボスが強くて倒せない時などはデータをロードし直してシナリオを変更するなどするといいかもしれませんね。

トロフィーコンプで時間を取られたのは、「アバロンの大樹」「もう一つの英雄譚」といったところでしょうか。「アバロンの大樹」は約1400回以上の戦闘が必要ということもあり、早めのうちに意識しているといいですね。「もう一つの英雄譚」はノエル、ダンターグを後に放置するという作戦を立てた事もあったので、偶然狙わずにこのトロフィーを取れる人もいるかもしれませんね。普通にプレイしていたらまず狙わないような流れで取得する事になるので、強くてニューゲームをつかって2週目でもいいかと思います。まぁそれだけに関わらず、ほかのトロフィーも2週目の方が断然楽なので。プラチナ欲しい人は、こだわりがないのなら素直に周回した方がいいです。

トロフィー関係なく是非とも遊んでほしい作品です。90年代を小中学生で過ごし、プレイし忘れた方には特に!

プラチナ取得時間は30~40時間ほどです。

こんな記事もおすすめ