PSトロフィー

トロフィー好きなら皆が狙う、プラチナ取得が簡単なPSゲーム一覧

~はじめに~

管理人
管理人
どもー!管理人のかぁです

簡単なゲームで簡単に取得したプラチナトロフィー達を簡単にご紹介させて頂くこのコーナー。時間がなくて中々書けないのが辛いwどのような方がプレイしそうかなと考えた結果、

  • トロフィーブーストしたい方
  • ストーリー、ムービー、気にせずスキップする方
  • ゲーム初心者
  • 暇つぶし

には適したゲーム内容となっております!

トロフィーLvが気になる方は数時間ほどでプラチナ取得できる簡単なゲームをさぞお探しかと思います。それがもしPS4,PS3,PSVITAで別トロフィーだった場合、ムービースキップさえ煩わしいことでしょうw

そんな簡単なゲームをこれから個人的な視点ではありますが、ご紹介していきたいと思っています!定期的に見直して、追記する事もあると思いますが現状思う事を述べさせて頂きます。

それでは ( ^^) _旦~~

「オセロ」=どなたでも気軽に遊べる!

オセロ2014.08.07 PS Vitaにて発売中。プレイ人数は1~2人となっておりますが、誰かと対戦したことはありません。ゲーム要素としては特にこれといったモードなどはなく、1人で遊ぶ場合は一般的なルールでただただ対戦していくだけというシンプルなゲーム。オセロやってみたいけど、オセロのルールを知らないって人はこれをプレイすればたちまち名人に…と言いたいところですが、トロファーの方には鬼畜になりえるかもしれない難易度が用意されています。

難易度はLv1~Lv14まであり、ルールとある程度のコツさえ掴んでいればおそらくLv9、10あたりまでは難なく勝ち進むと思います。そこからはそれなりに強いと言える人でないと負け始めるのではないかと思います。僕はあまりオセロが強い事もなく小学生の頃に一時的にはまった程度の経験だけだったので、自力では上級でかなり負けが重なりましたw

そこまでこのゲームに執着もなく、ただトロフィーコンプがしたいからやるというのであればオセロのフリーソフトを使う事をお勧めします。それを使ってCPUの動きをトレースしていけばおのずと勝ちに繋がると思います。トロフィーコンプに関しては全難易度をクリアで全て取得できるようになっていますので、とにかく勝っては倒しを繰り返すだけです。

トロフィーなんて気にしません!ただオセロがしたいんだ!という方には戦いがいのある難易度が待っていると思います!社会人になって初めてオセロしまくったんじゃないかなと思うくらい挑みましたねw

プラチナ取得まで3時間でした。

ソードアート・オンライン ーロスト・ソングー

ソードアート・オンライン2015.03.26発売。当時PSトロフィーLvを全て100%にしないと落ち着かない時期で、知らないうちに弟が僕のVITAでプレイしていた為、トロフィーデータがインストールされてしまったという経緯がありましたw弟はコンプしてくれる訳でもなかったので、仕方なく自分でコンプする羽目にw正直SAO関連のアニメもゲームも個人的にハマる事もなかったので、まぁまぁしんどかったのを覚えていますw

SAOシリーズが好きでプレイする人にとっては面白いゲームなのではないでしょうか。なんとなくアニメを観た事もあったのですが、アニメに影響された方ならおそらく楽しいと思います。登場キャラの操作はもちろん、プレイヤーの分身であるアバターをカスタムして種族別に作成しパーティに加えたり、アニメの様に羽を使って空を飛ぶこともできます。興味がない中、アニメを少し観ただけの作品の知識で遊んでもゲームの世界観はクオリティが高いなと思わせられました。

ストーリーはSAOならではの雰囲気なのであえて省略しますが、操作感は少しコツがいるようにも感じました。(僕がそんなにゲーム上手ではないのもありますがw)特に空中戦ですかね。慣れるまで思ったように敵を攻撃できなかったのを覚えています。特に空中戦のBOSSがなかなか倒せないくらいに操作に苦戦しましたねw旋回しようとするとVITAと一緒に体も傾くくらいにwまぁ、ここはその人なりの慣れが解決するのでハマったらプレイあるのみですね。

ある程度物語を進めると戦闘も単調なものである事に気づき、推奨Lvに達していれば得に問題なくラスボスまでたどり着くかと思います。ただそのラスボスが問題でした。順調にすすめていけたのでラスボスも簡単かと思いきや、急に強さの次元が変化したのには驚きですw今ではさらに攻略動画やサイトがあふれているとは思いますが当時はかなり練習したのを覚えていますw

このシリーズは主人公のキリト君がチート級の強さで有名ですが、このゲームでも女性キャラからのモテ度もチート級の様ですwこういったところも思春期の少年たちに活力を与えているのではないでしょうかw

プラチナ取得時間は50~60時間くらいかと思います。

「特殊報道部」=分かりやすい超常現象物語

特殊報道部2012.08.23発売。このゲームもトロフィーブーストと言われる系のゲームとして有名ですね。超常現象を企画する番組作りを進めていくゲームになってます。斬新なシステムだなぁと思いました。ただ読むだけのADVゲームではなく、ゲーム独自の「探索チェック」と「企画選択」があり、その選択内容によって物語の方向性が変化していく事になります。番組作りというシステムから、ラストは放送中のアナウンサーに合わせて資料の選択を時間内に迫られるといった少し緊張感のある場面も。もちろん全てクリア評価に繋がっていくので、物語を把握していないとまず高評価はありえません。

登場キャラですが、女性キャラは好みもあるでしょうけど可愛いですね。まぁ人物数はかなり少ないのである意味溶け込みやすいというか、ごちゃごちゃしていないのがいいです。ホラーでもサスペンスでもなく、なんというか不思議現象を題材とした物語なので好みがはっきりでそうな作品ですね。

トロフィーに関してはほとんど詰まるところもありません。プラチナ取得時間は20~30時間ほどでした。

「Machinarium」=世界観が独特で可愛い

マシナリウム独特な金属の世界で成り立っている作品です。金属といっても錆びたものばかりで一見ひどく荒れ果てた様な印象を受けますが、いざ世界を堪能してみると色々な意味で繋がりを感じさせるところに驚きました。至る所にギミックが仕掛けられており、気になった場所に矢印カーソルを合わせて〇ボタンで決定する事で様々なアクションを起こす事ができます。

アート的に作りこまれた世界観という事もあり、少々ゲームの進行中ギミックやアイテムを見つけづらい事もあるかもしれませんが、矢印カーソルを適当に合わせる事でも見つけれるので、自分なりのヒントになると思います。

色々な方の感想などを先入観にしていると思わぬところで詰まる可能性のあるゲームですねwギミックが理解できずどうすればいいか分からなくなったり、パズルの入れ替えが思ったよりも考えさせられたり、インベーダーゲームをやる事になったりw1番苦戦を強いられたのは五目並べで勝利する事でした!ただ先に並べるだけだろ?と思われがちですが、これがまたCPUの強い事www何度も挑戦しましたねw

簡単なミニゲーム的な要素のある、でもガッツリ思考を巡らせるほど作りこまれているので1度プレイしてみてはいかがでしょうか?

トロフィーに関してはそこまで難しくはありません。ただ少し思考の思い込みが抜けなくなると思わぬ苦戦を強いられることになると思います。プラチナ取得時間10~15時間でした。

ROBOTICS;NOTES

ROBOTICS;NOTES2012.06.18発売。大人気「科学アドベンチャーシリーズ」第3弾ですね。第2弾である「STEINS;GATE」の世界の一つの続編にあたる物語です。といっても「STEINS;GATE」登場人物が少し出てきたりはしますがそこまでガッツリ繋がっている感はないので、「ROBOTICS;NOTES」だけをプレイしても楽しめると思います。

個人的には「STEINS;GATE」の方がハマったのでこちらはあまりしっかり理解しようとは思わなかったので、完全には物語を理解していませんw要所で目にとまるシーンでは集中して読んでいましたが。トロフィー攻略に関してはそれほど詰まる事もないのではないかと。レポート集めは細かいところまで見ておかないと取り逃しが出てくるかもしれません。

ほとんどスキップはせずに読みましたので、40~50時間がかかったと思います。スキップすると10時間かからないのではないでしょうか。

~終わりに~

今回のゲームは成り行き上、自分の意志でやりたかったものではないものがある為、感想が書きにくいものもありましたwただ、トロフィーコンプとしては楽な部類かと思います。

アニメからの影響でゲームもやってみたい方には難易度的にもちょうどいいゲームではないかと。どれも今なら安く購入できるでしょうしね^^

ではでは、このへんで!

こんな記事もおすすめ