PS VITA

【ウォーキング・デッド】トロフィー抜きでも良作!攻略サイト無しでも簡単!

THE WALKING DEAD

トロフィーブーストタイトルとしても有名な、PSvita版「THE WALKING DEAD」のトロフィーをコンプリートしましたので、レビューを書こうかと思います。

トロファー界隈ではお馴染みかもしれせんが、まだ手をつけていない方で気になる方もいるはずなので、一つの参考になれば、幸いです。

個人的なトロフィー獲得の感想早見表↓

ゲームの面白さ 10段階で、6。
プラチナ取得難易度 10段階で、1。
プラチナまでの時間 かなりマイペースでも、10時間ほど。
プラチナまでのストレス 10段階で、1。
作業量・作業感 皆無!
恐怖度 10段階で、6。Vitaのせいかゾンビに可愛さがある(笑)

という感じなのですが、ここはプレイヤー次第ですね。

引き込まれた物語

THE WALKING DEAD描写が独特に感じたので、最初はどんなものかな…と淡々とプレイし始めたのですが、知らない間に夢中になっていました!現実にある様な何気ない状況でも、会話やそれに伴う人間の心理も高いクオリティで表現されていたので、最後まで世界観に飽きる事なくプレイできましたね!

実際に世界がこうなったら…という目線で見ると納得の行くストーリーだと思います。人間の本性ってこういうもんだろうなぁと。実際に人ならざるものを目の前にすると、やはり人間は残酷な生き物になるんですね。そういった表現も多々ありました。飾らないキャラクター達が正直に接してくれるゲームです(笑)

逆に、個人的に胸を打たれたシーンもありました。

THE WALKING DEAD主人公のリーと、少女クレメンタインの絆が深まっていき、物語の終盤では身を犠牲にしてでも命がけでクレメンタインを救い出す主人公リー。本当の親子の様な想いをここまで見せつけられるとは思ってもなかったので、物語終盤はグッときましまねぇ。お涙頂戴などの泣かせにくる様なものではないです。ここは共感してほしいポイントだと思います。

操作・アクション要素は?

「ポイント&クリック」というシステム

THE WALKING DEAD上画像の様に、調べる事が可能な対象(ドアや工具、人など)に白い丸印が固定される事があります。その印を右スティックで十字の照準を合わせ、ボタンで決定する事で会話や銃撃、回避などの様々な行動ができます。

この操作、人との会話や仕掛けを解くにあたっては簡単な事なんですが、ゾンビ(ウォーカー)との戦闘になると少し違ってきます。

何が違うかというと、選択の決断に制限時間が設けられる事です。この制限時間内での決断がまたリアルなタイミングで設定されています(笑)

というのも、ムービー中でのんびり鑑賞していたら、短めの制限時間が発生するアクションを要求される事もよくあるので、操作が間に合わずにゲームオーバーなんて事が多々ありました(笑)そんなに難しいゲームでもないんですけど、油断してるとあっさりあの世行きです。とはいえ、分岐ポイントからのリスタートになるだけなのでやり直しにストレスを感じる事はないですね 😛

選択肢はリアリティ感が強い

THE WALKING DEAD行動していると常にイベントが発生します。その度、上画像の様に制限時間(下部の白いメーター)と選択肢が現れます。一見普通の選択肢ですが、状況に応じて制限時間の存在が気持ちを煽りますね。じっくり考えて答えを出せない時もよくありました。

この2つのシステムが状況に応じていい流れで発生していきます。ただ「シーンをスキップしていつの間にかゲームが終わっていた」なんて1番つまらないトロフィーコンプより全然面白いです。

トロフィーコンプ時間は?

本編だけでプラチナトロフィー獲得

THE WALKING DEAD「chapter5」までとなっていて、その全てをクリアするだけでプラチナトロフィーをゲットできます。Lv上げ、収集系などのやり込み要素は一切ありません。

各chapter全て、そこまでボリュームもないので10時間前後で全chapterクリアする事が可能です。僕は攻略サイトや動画に一切頼らず、きっちり楽しみましたが、それでも10時間くらいです。なので、人次第ではありますがもう少し時間を短縮してプラチナトロフィーを獲得できる人もいるのではないでしょうか 😯

でゆーか、もう1日で取れますね(笑)

ちなみに、

  • ゴールドトロフィー×5
  • シルバートロフィー×5
  • ブロンズトロフィー×30

といった、トロファーには嬉しい内容になっています。意外とブロンズばっかの難しいゲームってあるので、難易度が低く総プレイ時間が短いのはこのゲームの良いところの一つです!

追加エピソードの「400DAYS」

これもボリュームは多くはありません。5人のキャラクターエピソードをクリアしていくだけですが、1つが短いのであっさりトロフィーも獲得できます。

THE WALKING DEADひとつだけ、「三分の二」というトロフィーがあるのですが、3回勝負のジャンケンをして2回勝つといったもの。運勝負なのですが、良ければ1回で終わります。僕は運がなく、5回ほどやり直しました(笑)気になるとしたら、それくらいです。

特に細かい説明も不要なくらい、クリアするだけでほぼ100%コンプできますね 😀

トロフィー抜きで、かなり優秀なゲーム!

THE WALKING DEAD初めはあまり期待していませんでしたが(笑)

物語、進行のテンポ、ボリューム、キャラクターの心理、操作性、どれをとっても普通に楽しめました!続編の「SEASON TWO」は同時に購入したので、この記事が完成したらすぐまた楽しんでみようと思っています 😮

惜しかったなと思う点は、そこまでグラフィックをはっきり作りこんではいませんが、ゾンビゲーという事もあり、多少のグロい表現などがあるので苦手な方には強くお勧めはできません…あと、多少ですが処理が遅れるなどの症状がみられました。1度だけですが、プレイ中エラーで落ちた事もありましたね(笑)まぁでもデータが消えたり破損したりなどはなかったので、問題はないかと思います。

  • ゾンビゲーが好き
  • トロフィーブーストしたい
  • 簡単で面白いゲームがしたい

といった方には素晴らしい作品だと思います!ぜひ手に取って遊んでみてはいかがでしょうか。

ここまでお読み頂き、ありがとうございました。

ABOUT ME
かぁ
奥さんと猫2匹に癒される毎日を送っています。黒猫♂とキジトラ♀飼ってます(=゚ω゚)ノ 愛猫の記事が中心のブログにしていきます(°▽°) 我が家での出来事、気になった事など公開していこうと思っています。 ゲーム関係の記事もありますが、猫記事優先の方向で進めていきます。
こんな記事もおすすめ