うちの猫の話

【うちの猫】生後3ヶ月の子を引き取った時に感じた事

ミク

猫や犬などの動物を飼いたい」と思ったら、

  • ペットショップでお金を払って飼い始める
  • 里親募集情報を見て会いに行く
  • 野良猫(犬)を自分で保護する

などの選択肢が浮かぶと思います。

例えば、お金に余裕がない、でもペットを飼いたい!

という方は里親募集、もしくは野良の子を保護を選択するかと思います。

 

我が家の場合、里親を募集していたボランティア施設から猫を引きとった事があります。

元々、先住猫になる黒猫を1匹飼っていたので受け入れる環境は整っていました。

 

ですが、募集しているからといって連絡してすぐ連れて帰れる程、

そんなにすんなりは気に入った動物とご縁を持てる訳ではありません。

僕がお世話になった里親募集では、軽い審査の様な雰囲気で進めて下さいました。

(里親募集している責任者の方針次第なところもあると思います)

 

そんな里親募集への応募経験から、

今回は里親にさせて頂いた時の、我が家の経緯を書いてみようかと思います。

 

Twitterで見た里親募集

里親募集で引き取られた猫や犬の数だけ様々な経緯があるとは思いますが、

我が家の場合は、まずTwitterで偶然見かけた事から始まりました。

当時の写真とプロフィール

ミクミク

 

  • チビ(ボランティアさんがつけた仮名。現在の名前はミク
  • キジトラ♀
  • 生後約3か月
  • 性格…活発

募集に使われていた写真ではありませんが、引き取ってすぐの当時の写真です。

応募の動機は単純でした。

偶然会社の近くの施設で保護されていた事と、

もう1匹飼いたい。そしてこの子が可愛かったから。

他にも引き取りたいと連絡をしている方々がいるかなとも思いましたが、

まずは電話で連絡をすることに。

すぐに都合がつけれるとなったので、日程を調整して会いに行くことになりました。

ここまではすんなり話は進みましたね。

 

 

動物の保護施設にて面談。

繁華街のはずれにある、閉鎖した会社の跡地っぽい場所が施設になっていて、

中に入ると、動物を保護するケージがたくさん並んでいる光景。

とはいっても、ほとんどケージに動物はいない状態で、匂いだけがある環境でした。

生後3ヶ月の子猫はどんな感じかと

そんな中、奥の小部屋に里親になりたいと思った子がケージの中で保護されていました。

さっそく様子を見ようと近づいたところ、

「シャーッ」と威嚇してくるわ、

頑張って撫でようとすると本気で噛みついてくるわ

かなり不安になったのを覚えていますw

黒猫を1匹飼っているとはいえ、その子もまだまだ飼い始めたばかり。

猫の扱いなんて、何にもまだまだです。

 

そこで、ボランティアの方が毛布を手にくるんで猫をケージの中から出してくれました。

どうやら抱っこしてしまえばおとなしくなるとの事w

実際の様子がこちら↓

ミクミク

この表情からは想像できない程に激怒してきましたね^^;

怒って猫パンチしてきたり噛みついてきたりする時は

  • 慣れない人間に怖さを感じている
  • 警戒して威嚇しないといられない
  • 心を開いていない

性格にもよりますが、猫はそう感じているといいます。

それを知るのと知らないのとではこちらの接し方も全然変わります!

そこは長い目で優しい気持ちを持って理解していきたいですよね。

 

さて、ボランティアの方とはおそらく生後3か月くらいだとか、

どのあたりで保護した、またその時の様子などの話を交えながら、

10分程度の少しの間ですが触れ合いの時間を設けて頂きました。

そういった触れ合いを大切にするボランティアの方でした。

 

癒しの時間を堪能した後、猫ちゃんには1度ケージに戻ってもらい、

本題に入る為に、同施設内の事務所に移りました。

 

里親になる為に、どんな人間かをみてもらう

ボランティアさんとのお話1時間程で聞かれた事

  • 猫を飼った経験はあるか
  • 先住猫になる子がいる場合、仮に引き取った時のイメージができるか
  • 現在、動物を飼っているか。その動物はどんな子なのか
  • 仕事をしているか。またその勤務時間帯は?
  • 自宅状況は?ご家族や大家さんの同意は得ているか
  • 里親になるあなたの持病の有無は?
  • ボランティアの方から見た、僕の印象について

箇条書きにすると、威圧的に感じてしまうかもしれませんが

話をしている雰囲気は笑いも込みのやんわりした空気ですw

圧迫面接の様なものではありませんでした。

楽しんで話し終えたあとに、里親申請の同意書にサインをしてその場を後にしました。

 

里親申請の同意書の内容

  • 定めた期間内にほかの方が里親申請が来た場合、ボランティアの方の意向で1番だと思う方を里親にするという事
  • 里親になったら年に1度、成長の様子が分かる様に写真(写メール)を送る事

お世話になったボランティアさんいわく、

この申請書はほぼ決定だと思える人にしか渡さないそうです。

里親を募集したからといって、すぐに決まる事もあれば

中々見つからない事も珍しくはないそうです。

1週間ほどで連絡があり、自宅にまで猫ちゃんを送迎して頂ける事になりました。

 

里親になる事、猫(動物)を飼う事

ボランティアの方とはたくさんのお話をしたのですが、やはりメインとなる話題は、

キチンと愛情を持って育てていけるかどうか です。

ボランティアの方はそういったところを見てくれてましたね。

 

僕の場合、ボランティアの方に安心感を持って頂けたのは、

  • 猫、もしくは動物を飼った経験はあるか
  • 先住猫になる子がいる
  • 先住猫を飼う時の経緯
  • 動物を飼う為の最低限の収入

この4つのお話がきちんとできたのが大きかったのかなと思います。

もちろん動物を飼ったことがなくても、その人の人間性を見て判断しているので、

非常識な人でなければ里親として問題はないとは思います。

里親になるにあたって、こちらの不安な面も正直に話すのもいいと思います。

そういったところから、自分では気づいてもいなかった

動物への思いであったり、これから学んでいかなければならない事を

確認出来たり、教わったりもしました。

 

ただ正直、気づかされましたね。

動物を保護する現実を簡単にみてしまっていた自分がいたという事に。

色々なボランティアの方がいて、方針や思いはそれぞれかと思いますが

里親を探す事に、ここまで徹底しているものだと思いもしなかったので、

凄くいい社会勉強になったなと感謝しています。

 

 

例えばですが、ボランティアの方とお話をした時に

猫が好きになりそうだから!

なんとなく動物飼ってみたいから!

上記の様に、自分目線でしか動物をみていなかったり、

「一時的な動機」の様な安易な考えと雰囲気を持っていれば

どれだけ引き取りたい思っても、今回のお話はなかった事になっていたと思います。

ボランティアの方にもそういった雰囲気は伝わると思うので。

 

 

まとめ 常に動物目線を忘れずに。

ミクミク

犬や猫といった動物と住み始めた時は可愛いという気持ちが大きいと思います。

でも、動物はいざ飼ってみると飼う子次第でもありますが、お金もそれなりにかかります。

体調の変化はもちろん、ケガをすれば病院にも行かなければいけません

それは当たり前の事であり、飼う人間の責任です。

 

人間は考えを持って行動できます。

その考えには優先順位というものが自然にあると思います。

ですが、動物は本能で生きています

その本能には、病気やケガをしても隠すという事も含まれています。

色々な環境や要因が重なって、病気やケガを発見するのが遅れる事もあるでしょうし、

仕事の事情で、様子をみるのが厳しくなる事も現実にあると思います。

 

でも!人間の都合に合わせるのではなく

猫(動物)の都合で振り回されてあげましょう^^

初めのうちは自分の考える予定外の行動をしなければならない事も少なくありません。

でもそのうち慣れてきますww

一緒に暮らすという事は、常にそういう事だと思っています。

そういうものだと思っていればそれが当たり前ですからね^^

 

最後になりますが、

猫(動物)を飼う上で意識している事は

  • 猫(動物)の都合で生活すること
  • それを当たり前の感覚にすること
  • 隠し事がないか、常に様子を見ておく
  • いつ病院に掛かってもいい様に準備しておく

基本的に、これらを守っていれば自然と猫(動物)はなついてくれます。

結局のところ、どれだけ思いやって大事にしていけるかが大切だという事ですね^^

里親募集、野良の子を保護、ペットショップから家族の一員、

どんな経緯であろうと、接し方は同じです。

しっかり愛情を持って同じ目線で過ごす事が大切に思います。

 

現在の様子です^^↓クッションがすきw

 

ここまでお読み頂き、ありがとうございました!